便 健康 病気

免疫機能は大腸の重要な役割

免疫機能は大腸の重要な役割

便は、口から食べたものの残りカス。胃で消化され、小腸で栄養分を吸収、大腸で水分を吸収された食べ物は、最後に便となって、排泄されます。

大腸の主な役割は、水分を吸収し、残りカスを便としてためておくことですが、大腸には、もう1つの大きな役割があります。

大腸には、異物を排除する免疫機能が備わっています

大腸が健康に働いていると、免疫機能も正常に働き、健康な体を保つことができます。

反対に、大腸が健康でないと、免疫力も低下し、体のどこかに不調をきたすことになります。

最近では、アレルギーの改善に大腸の免疫機能の正常化が効果的だといわれています。

つまり、便の色や状態が健康なものであるならば、感染症やアレルギーに対する免疫力も強いということです。

腸内細菌のバランスが便の状態を決める!

腸内細菌のバランスが便の状態を決める!

大腸の状態を改善するために欠かせない腸内細菌が「善玉菌」です。

大腸に住み着いている腸内細菌は、体に良い影響を与える「善玉菌」、 腐敗物を生み出し、体に悪影響を与える「悪玉菌」、強い勢力に加勢する「日和見菌」があります。

腸内環境が良い場合は善玉菌が優勢で、腸内環境が悪い場合は悪玉菌が優勢の状態ということです。そして、善玉菌と悪玉菌の腸内バランスが便の状態になって表れてくるのです。

便の色や状態で病気を早期に発見

便は、腸内環境を測るためのバロメーター。

便の形状と色から、大腸の状態を見ることができます。

また、大腸の状態は、生活習慣や食生活で改善できるものです。

腸内環境を正常に保つことを心がければ、健康な便が出て、健康な体を保つことができます

ウンチにはどんな形状のものがあるのか、どんな色があるのか、そして、ウンチの色から病気の有無などを知り、病気の早期発見に役立てることもできるでしょう。

オリゴ糖で理想的な便の色に!

オリゴ糖を摂ったら便の色がどんどん黄色に近づいた!

オリゴ糖がうんちの色を理想的な黄色にする

便秘解消に効くとの評判がきっかけで、出会った天然のオリゴ糖。

便秘で悩む家族だけでなく、オリゴ糖を紹介した友人にも大好評でした!

  • 便の色が薄く黄色くなってきた
  • うんちが臭くなくなってきた
  • 便が柔らかいバナナ状に!!

などなど、オリゴ糖の効き目に喜んでもらっているようです。

ヨーグルトなどで外部から取り入れる乳酸菌やビフィズス菌は胃酸や胆汁などの消化酵素によって分解され、腸まで届かず大半が死滅してしまいます。

また、腸まで届く乳酸菌のヨーグルトを食べても、その乳酸菌は長期間、腸内に留まってくれるわけではないようです。

その点、オリゴ糖は消化酵素に分解・吸収されることなく大腸まで届き、 腸内にもともと生息している乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となって、善玉菌優勢の腸内環境を作ってくれるのです

オリゴ糖を採る事で長年の便秘を解消することができました

私は天然のオリゴ糖を食べることで、20年来の便秘を解消することができました。

悩みのの種だった黒くて硬いうんちがオリゴ糖によって日増しに、柔らかく、健康的な色のうんちに変わっていく感激を味わうことができたのです!

私が1ヶ月間、オリゴ糖を食べ続けた体験レポートも是非、参考になさって下さい。

⇒⇒⇒ 私の天然オリゴ糖体験談

お腹の健康、理想的な黄色い便の色を目指すなら、オリゴ糖がイチオシです!

⇒⇒⇒家族や友人のうんちの色や状態を改善したオリゴ糖はこちらです

便の役割は?記事一覧

過敏性腸症候群に代表されるように、ストレスなどの精神的なものが原因となって、便秘になったり、下痢になったりなど、便の異常を起こすことがあります。なぜ、ストレスなどの精神的なダメージが原因となって、腸に影響を及ぼすのでしょうか。人の神経には、人間が意識しなくとも臓器を動かすことができる自律神経があります。自律神経は交感神経と副交感神経の2つからできていて、交互に働くことによって、体の器官が働いていま...

快便のためには大腸の動きを活発にする健康なうんちは、食生活の影響を強く受けており、食生活を改善すると、便もみるみる改善していきます。しかし、食生活の改善だけで、健康なうんちが出るわけではありません。体全体のことを考え、生活習慣を改善することも大切です。うんちを出すためには、大腸がしっかり働くことが大切。大腸にしっかり働いてもらうためには、筋肉が適度についていることも大切なのです。筋肉がついていない...

便は健康のバロメーター健康なうんちを出すためには、体全体が健康でなくてはなりません。また、精神面でも、ストレスを抱えすぎないことが大切です。ウンチの状態を観察することは、病気の予防や早期発見などにつながり、毎日の健康状態を知るうえでは欠かせないことだといえそうですが、毎日、ウンチの何を観察したらいいのでしょうか。

現代の若い女性の5割が、便秘や下痢などの便の悩みを抱えているといわれています。また、便の悩みを抱えている人の6〜7割は、慢性便秘に悩まされているそうです。便秘や下痢を引き起こす腸内環境は、良い腸内環境とはいえません。ましてや、慢性便秘となると、腸内環境が悪化しているといって間違いないでしょう。