妊婦 腸内環境 赤ちゃん

女性に多い便の悩み

便秘の若い女性が増えている

現代の若い女性の5割が、便秘や下痢などの便の悩みを抱えているといわれています。また、便の悩みを抱えている人の6〜7割は、慢性便秘に悩まされているそうです。

便秘や下痢を引き起こす腸内環境は、良い腸内環境とはいえません。

ましてや、慢性便秘となると、腸内環境が悪化しているといって間違いないでしょう。

赤ちゃんはママの腸内細菌に影響を受ける

赤ちゃんはママの腸内細菌をもらって生まれてくる!

赤ちゃんは妊婦の腸内細菌に影響を受ける

妊婦の腸内環境は、子供に大きな影響を与えます。

赤ちゃんが産道を通って生まれてくるときに、なんと、お母さんの腸内細菌の 影響を受けるのです。

あかちゃんはママの腸内細菌をもらって生まれてくるともいわれています。

胎内にいる赤ちゃんは、無菌状態で存在しています。

赤ちゃんが最初に菌に触れるのは、破水がおき、お母さんの産道を通って生まれてくるときです

(帝王切開の場合は、別の方法で、出産に関わった人たちの様々な菌をもらうと言われています)

つまり、出産時に触れる細菌が良い影響を与える細菌、悪い影響を与える細菌に関われず、赤ちゃんはその細菌の影響を受けて成長するのです。

腸内環境を整えることが赤ちゃんへのプレゼントに!

妊娠中のママが腸内環境を整えることは、胎児への最初のプレゼントになる!!

免疫に良いと言われる初乳は、お母さんから赤ちゃんへのプレゼントだと言われますが、実は、妊娠中のママの 腸内環境を整え、良い細菌に触れさせてあげることこそ、赤ちゃんへの最初のプレゼントなのです。

近年、子供の患者が大幅に増加しているアトピー性皮膚炎ですが、悪玉菌がアトピー性皮膚炎の発祥とも深いかかわりを持っていることがわかってきています。

また、フィンランドで、アトピー性皮膚炎の妊婦に特定の乳酸菌を与えたところ、子供のアトピー性皮膚炎発症率が低かったという報告もされています。

妊婦の腸内環境が、赤ちゃんにまで影響を与えると聞くと、驚かれる人も多いことでしょう。

健康な便を作り出す腸内環境は、これから出産を控えた妊婦さんにとって、自分ひとりのものではなく、赤ちゃんの健康を左右する大切なものなんですね。

妊娠中の方にも安全なオリゴ糖で腸内環境を整えよう!

オリゴ糖を摂ったら便の色がどんどん黄色に近づいた!

オリゴ糖がうんちの色を理想的な黄色にする

便秘解消に効くとの評判がきっかけで、出会った天然のオリゴ糖。

便秘で悩む家族だけでなく、オリゴ糖を紹介した友人にも大好評でした!

  • 便の色が薄く黄色くなってきた
  • うんちが臭くなくなってきた
  • 便が柔らかいバナナ状に!!

などなど、オリゴ糖の効き目に喜んでもらっているようです。

ヨーグルトなどで外部から取り入れる乳酸菌やビフィズス菌は胃酸や胆汁などの消化酵素によって分解され、腸まで届かず大半が死滅してしまいます。

また、腸まで届く乳酸菌のヨーグルトを食べても、その乳酸菌は長期間、腸内に留まってくれるわけではないようです。

その点、オリゴ糖は消化酵素に分解・吸収されることなく大腸まで届き、 腸内にもともと生息している乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となって、善玉菌優勢の腸内環境を作ってくれるのです

オリゴ糖を採る事で長年の便秘を解消することができました

私は天然のオリゴ糖を食べることで、20年来の便秘を解消することができました。

悩みのの種だった黒くて硬いうんちがオリゴ糖によって日増しに、柔らかく、健康的な色のうんちに変わっていく感激を味わうことができたのです!

私が1ヶ月間、オリゴ糖を食べ続けた体験レポートも是非、参考になさって下さい。

⇒⇒⇒ 私の天然オリゴ糖体験談

お腹の健康、理想的な黄色い便の色を目指すなら、オリゴ糖がイチオシです!

⇒⇒⇒管理人のうんちの色や状態を改善したオリゴ糖はこちらです