黄色 便

黄色は理想的なうんちの色

黄色のうんちは健康の証

健康なうんちの色は何色でしょうか?

うんちの色は、食べ物や生活習慣、腸内の細菌層によって異なりますが、一般的に健康なうんちは黄色から黄色がかった褐色といわれています。

黄色は胆汁に含まれるビリルビンという黄色い色素の色で、黄土色や黄土色がかった茶色なども、比較的健康なうんちの状態を表わしています。

健康な便の色は腸内環境がポイント

黄色のうんちは腸内環境が良好な証

黄色から黄色がかった褐色のうんちは、腸内が善玉菌優位で弱酸性に保たれている証。 腸内が悪玉菌優勢だと、腐敗物質が増え、アルカリ性に傾くとうんちは黒ずんできます。

つまり、腸内の善玉菌であるビフィズス菌や乳酸菌を活性化させ、腸内環境を整えれば、理想的な黄色のうんちに近づくのです

乳酸菌が腸まで届くヨーグルトや腸内の乳酸菌やビフィズス菌を活性化させるオリゴ糖、食物繊維の豊富な野菜や根菜、穀物などを摂ることは腸内環境を整えるための有効な手段となります。

白っぽい黄色は注意

黄色は黄色でも、白っぽい黄色は、健康なうんちではありません。

白っぽいうんちは、ウイルスへの感染が心配になりますが、ウイルスへの感染の場合、白っぽい下痢便が出ます。

下痢便ではなく、正常なうんちの形状で白っぽい黄色は、脂肪分の多い食事を取りすぎて、消化不良を起こしている可能性が高いです。

健康なうんちの状態は、食事で取り戻すことができます。

腸内環境を意識した食生活で健康的な黄色を目指しましょう。

オリゴ糖で理想的な便の色に!

オリゴ糖を摂ったら便の色がどんどん黄色に近づいた!

オリゴ糖がうんちの色を理想的な黄色にする

便秘解消に効くとの評判がきっかけで、出会った天然のオリゴ糖。

便秘で悩む家族だけでなく、オリゴ糖を紹介した友人にも大好評でした!

  • 便の色が薄く黄色くなってきた
  • うんちが臭くなくなってきた
  • 便が柔らかいバナナ状に!!

などなど、オリゴ糖の効き目に喜んでもらっているようです。

ヨーグルトなどで外部から取り入れる乳酸菌やビフィズス菌は胃酸や胆汁などの消化酵素によって分解され、腸まで届かず大半が死滅してしまいます。

また、腸まで届く乳酸菌のヨーグルトを食べても、その乳酸菌は長期間、腸内に留まってくれるわけではないようです。

その点、オリゴ糖は消化酵素に分解・吸収されることなく大腸まで届き、 腸内にもともと生息している乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となって、善玉菌優勢の腸内環境を作ってくれるのです

オリゴ糖を採る事で長年の便秘を解消することができました

私は天然のオリゴ糖を食べることで、20年来の便秘を解消することができました。

悩みのの種だった黒くて硬いうんちがオリゴ糖によって日増しに、柔らかく、健康的な色のうんちに変わっていく感激を味わうことができたのです!

私が1ヶ月間、オリゴ糖を食べ続けた体験レポートも是非、参考になさって下さい。

⇒⇒⇒ 私の天然オリゴ糖体験談

お腹の健康、理想的な黄色い便の色を目指すなら、オリゴ糖がイチオシです!

⇒⇒⇒家族や友人のうんちの色や状態を改善したオリゴ糖はこちらです

 

黄色の便記事一覧

ウンチは、大腸内に長く留まっていると、黒に近い褐色になります。うんちが黒いのは、大腸内の悪玉菌が増殖し、腐敗物質を出すために起こる変化です。頑固な便秘の方が久しぶりに排便したら、うんちが黒い場合があると思いますが、黒い色の原因は悪玉菌が出す腐敗物質によるものですから、大きな心配はありません。しかし、腸内で発生した腐敗物質は肌荒れ、吹き出物、肩こり、頭痛、体が重いなどの体調不良を起こす原因にもなるた...

うんちが緑色になるのは、赤ちゃんによく起こる症状ですが、大人にも起こります。赤色、白色、黒いうんちとは異なり、緑色のうんちは大きな病気ではないといわれています。うんちの色は、胆汁に含まれるビリルビンという成分の影響で、黄色がかった茶褐色になります。しかし、このビリルビンが酸化すると、うんちの色は緑色〜深緑色になります。ミルクを飲んでいる赤ちゃんに起こりやすいと言われていますが、心配のいらない症状で...

白い便といえば、ロタウイルスを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。ロタウイルスに感染した場合、米のとぎ汁のような白い下痢便が出ることがありますが、ロタウイルス感染による白いうんちは、感染症が治れば元に戻りますから心配ありません。その他、白いうんちが出る感染症にはコレラがありますが、コレラは日本国内で自然発生するケースはなく、発症する場合のほとんどが発生している地域への渡航暦がある場合です。胃...

赤い色は血液の色うんちに赤い色が混じっていたりすると「ドキッ」とする人は多いでしょう。人の体で赤い色といえば、血液の色。うんちについていたり、混じっていたりする赤い色も血液の色です。血液は、長い時間そのままにしておくと凝固する性質があり、色も黒っぽくなってきます。うんちに混じる血液も同じことですので、赤い血液が混じっている場合、肛門に近い場所から出血していると考えられます。反対に、黒いうんちが出る...