赤い 便

赤い便の原因は?

赤いうんちの原因

赤い色は血液の色

うんちに赤い色が混じっていたりすると「ドキッ」とする人は多いでしょう。

人の体で赤い色といえば、血液の色。

うんちについていたり、混じっていたりする赤い色も血液の色です。

血液は、長い時間そのままにしておくと凝固する性質があり、色も黒っぽくなってきます。

うんちに混じる血液も同じことですので、赤い血液が混じっている場合、肛門に近い場所から出血していると考えられます。

反対に、黒いうんちが出る場合は肛門から遠い臓器での出血が考えられるのです。

赤い便の原因は痔?

一番多い原因は、肛門そのものに問題がある「」です。

硬いうんちを無理に出した場合などに、肛門が切れ出血したり、いきむことで肛門に負担がかかって うっ血し、いぼ痔になることもあります。

痔の場合は、うんちの周囲に赤い血がついているのだけですので、うんち自体が赤くなっていたり、血が混じっていることはありません。

痔が完治すれば問題も解消しますので心配ないでしょう。

病気による出血の可能性も

ウンチそのものが真っ赤になっていたり、血が混じっって、まだらに赤くなっていたりする場合、大腸で出血していることが考えられます。

このような赤い便が出た場合は、医師の診察を受け、どこからの 出血なのか特定してもらうことが大切です。

大腸から出血する病気には、大腸の免疫異常といわれる潰瘍性大腸炎や、ポリープ、ガンなどがあります。

オリゴ糖で理想的な便の色に!

オリゴ糖を摂ったら便の色がどんどん黄色に近づいた!

オリゴ糖がうんちの色を理想的な黄色にする

便秘解消に効くとの評判がきっかけで、出会った天然のオリゴ糖。

便秘で悩む家族だけでなく、オリゴ糖を紹介した友人にも大好評でした!

  • 便の色が薄く黄色くなってきた
  • うんちが臭くなくなってきた
  • 便が柔らかいバナナ状に!!

などなど、オリゴ糖の効き目に喜んでもらっているようです。

ヨーグルトなどで外部から取り入れる乳酸菌やビフィズス菌は胃酸や胆汁などの消化酵素によって分解され、腸まで届かず大半が死滅してしまいます。

また、腸まで届く乳酸菌のヨーグルトを食べても、その乳酸菌は長期間、腸内に留まってくれるわけではないようです。

その点、オリゴ糖は消化酵素に分解・吸収されることなく大腸まで届き、 腸内にもともと生息している乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となって、善玉菌優勢の腸内環境を作ってくれるのです

オリゴ糖を採る事で長年の便秘を解消することができました

私は天然のオリゴ糖を食べることで、20年来の便秘を解消することができました。

悩みのの種だった黒くて硬いうんちがオリゴ糖によって日増しに、柔らかく、健康的な色のうんちに変わっていく感激を味わうことができたのです!

私が1ヶ月間、オリゴ糖を食べ続けた体験レポートも是非、参考になさって下さい。

⇒⇒⇒ 私の天然オリゴ糖体験談

お腹の健康、理想的な黄色い便の色を目指すなら、オリゴ糖がイチオシです!

⇒⇒⇒管理人のうんちの色や状態を改善したオリゴ糖はこちらです