健康 便

健康な便とは

健康なうんちの色は、黄色から黄褐色をしていて、硬さはバナナ〜歯磨き粉程度、バナナ程度の大きさのもの2〜3本が、いきむことなく自然に出る場合に健康な便と呼びます。

そして、残便感がなく、すっきりした感じがするのも特徴です。

腸内の善玉菌が活発になっている状態を示す黄色から黄褐色をしているウンチですから、もちろん、きつい臭いはしません。

快便のためには食事量も大切

健康なウンチをすっきり出すためには、バランスの良い食生活とともに食事量も大切です。

なぜなら、食物繊維や食べ物の残りカスが少なければ、うんちの量が少なくなり、すっきりとした健康なうんちを出すことはできないからです。

うんちを自然に出すためには、ある程度食べることも必要で、無理なダイエットはNGです。

運動で大腸の動きを活発に

さらに、運動をすることで筋肉が鍛えられ、大腸の動きもスムーズになり、快便に。

運動することでお腹も空きますし、食事を美味しく適量食べられることにもつながります。

ストレス解消も健康なうんちにつながる

大腸は精神的ストレスを受けやすい器官ですから、健康な便を出すためには、ストレスが少ない精神状態でなくてはなりません。 ストレス解消することも、健康なうんちのために必要ですね。

健康な便を出すためには、

  • 「バランスの取れた適量の食事」
  • 「運動習慣」
  • 「リラックスした精神状態」

が大切です。

健康なうんちは、自分自身でコーディネートして、作り出すことができるのです。

オリゴ糖で健康な便の色に!

オリゴ糖を摂ったら便の色がどんどん黄色に近づいた!

オリゴ糖がうんちの色を理想的な黄色にする

便秘解消に効くとの評判がきっかけで、出会った天然のオリゴ糖。

便秘で悩む家族だけでなく、オリゴ糖を紹介した友人にも大好評でした!

  • 便の色が薄く黄色くなってきた
  • うんちが臭くなくなってきた
  • 便が柔らかいバナナ状に!!

などなど、オリゴ糖の効き目に喜んでもらっているようです。

ヨーグルトなどで外部から取り入れる乳酸菌やビフィズス菌は胃酸や胆汁などの消化酵素によって分解され、腸まで届かず大半が死滅してしまいます。

また、腸まで届く乳酸菌のヨーグルトを食べても、その乳酸菌は長期間、腸内に留まってくれるわけではないようです。

その点、オリゴ糖は消化酵素に分解・吸収されることなく大腸まで届き、 腸内にもともと生息している乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となって、善玉菌優勢の腸内環境を作ってくれるのです

私は天然のオリゴ糖を食べることで、20年来の便秘を解消することができました。

悩みのの種だった黒くて硬いうんちがオリゴ糖によって日増しに、柔らかく、健康的な色のうんちに変わっていく感激を味わうことができたのです!

私が1ヶ月間、オリゴ糖を食べ続けた体験レポートも是非、参考になさって下さい。

⇒⇒⇒ 私の天然オリゴ糖体験談

お腹の健康、理想的な黄色い便の色を目指すなら、オリゴ糖がイチオシです!

⇒⇒⇒家族や友人のうんちの色や状態を改善したオリゴ糖はこちらです

健康な便記事一覧

便の異常といえば便秘。硬い便が排便を妨げている場合が多いのです。便秘の原因は、運動不足や食物繊維不足、便となる残りカスの不足、水分の摂取不足など、様々な理由がありますが、うんちが硬くなる理由は水分不足です。うんちが長い間、大腸にとどまることで、水分が余計に吸収され、硬くなってしまいます。しかも、長い間留まっていることで、悪玉菌は活発になり、腐敗物質を発生させます。これは、ほとんどの便秘に当てはまり...

体の不調に気づくうんちの異常でといえば、「下痢便」「水便」でしょう。水状のうんち下痢便はうんちの水分が多すぎることが原因です。大量の水分や糖分を一気に取ったり、食物繊維の取りすぎなども下痢便の原因になります。また、お腹を冷やしたり、寝冷えした場合のほか、ウイルスや細菌に感染し、大腸で水分吸収がきちんと行われなかった場合なども原因になります。

粘液便も異常なうんちのひとつで、うんちに粘液が付着していたり、うんちが出ずに粘液だけが出てくるようなものをいいます。色は一般的に白が多いようですが、緑色やピンク色、赤だったりすることもあります。

ウンチの臭いの原因となるのは腸内細菌のバランスです。ビフィズス菌や乳酸菌に代表される善玉菌は、ヨーグルトのようなすっぱい臭いを出し、悪玉菌は腐敗物質を作るため、悪臭を出します。悪玉菌の活動が活発になると、便の臭いがきつくなるだけでなく、おならや、体臭もきつくなるのです。 赤ちゃんのうんちは善玉菌が多いため悪臭がしないのです。⇒ おならが臭い悩みを解決!

年齢や性別によってもうんちの状態は異なることが少なくありません。一般的な傾向として、 女性は溜め込みがち、男性は下りがちといわれおり、便秘に悩んでいる人の多くは女性で、男性は下痢に悩んでいる人が比較的多いようです。女性の場合、ダイエット願望から食事量が少ない人が多いうえ、男性よりパンやサラダなど、残りカスが少ない食事を好む傾向があるため(便の材料が足りない)、男性より女性のほうが便秘になりやすいと...