便 年齢 男性 女性

性別による便の状態の違い

性別による便の状態の違い

年齢や性別によってもうんちの状態は異なることが少なくありません。

一般的な傾向として、 女性は溜め込みがち、男性は下りがちといわれおり、便秘に悩んでいる人の多くは女性で、男性は下痢に悩んでいる人が比較的多いようです。

女性の場合、ダイエット願望から食事量が少ない人が多いうえ、男性よりパンやサラダなど、残りカスが少ない食事を好む傾向があるため(便の材料が足りない)、男性より女性のほうが便秘になりやすいと言われています。

男性の場合、下痢で悩む人の多くは過敏性腸症候群の場合が多く、仕事上のストレスや、人間関係のストレスなどにさらされることから、男性のほうが下痢で悩んでいる人が多いと言われています。

年齢による便の状態の違い

年齢による便の状態の違い

年齢によるウンチの違いは顕著です。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸内環境は、善玉菌がほとんどを占め、黄色い健康なうんちをします。離乳食が始まると、徐々に腸内環境にも変化が見られるようになり、悪玉菌や日和見菌の割合が急増します。

その後、食生活や生活習慣によって、腸内環境は人それぞれ違った形で変化していき、青年期になると、生活習慣や食生活が乱れる人が多くなることから、女性は便秘、男性は下痢に悩まされる人が増えてきます。

中年期になると、食生活に気を使う人と使わない人に分かれてきます。

食生活に気を使わない人の場合、たんぱく質の取りすぎなどで、腸内の悪玉菌が活発になり、臭いのきついウンチが出るようになります。

老年期に入ると、腸内のビフィズス菌が減り、悪玉菌の量が急速に増えます

加えて、筋力の低下から、便が出しにくくなるケースが多くみられます。

年齢、性別に関わらず便の状態は健康のバロメーター

性別や年齢による腸内環境の傾向は変わってきますが、生活習慣や食生活によっては、青年期でも悪玉菌が多い腸内環境になったり、老年期でも、青年期に負けない善玉菌の多い腸内環境だったり、人それぞれです。

腸内環境によるうんちの状態は、健康的な生活を送っているかどうかの判断材料にもなるといえるのです。

オリゴ糖で理想的な便の色に!

オリゴ糖を摂ったら便の色がどんどん黄色に近づいた!

オリゴ糖がうんちの色を理想的な黄色にする

便秘解消に効くとの評判がきっかけで、出会った天然のオリゴ糖。

便秘で悩む家族だけでなく、オリゴ糖を紹介した友人にも大好評でした!

  • 便の色が薄く黄色くなってきた
  • うんちが臭くなくなってきた
  • 便が柔らかいバナナ状に!!

などなど、オリゴ糖の効き目に喜んでもらっているようです。

ヨーグルトなどで外部から取り入れる乳酸菌やビフィズス菌は胃酸や胆汁などの消化酵素によって分解され、腸まで届かず大半が死滅してしまいます。

また、腸まで届く乳酸菌のヨーグルトを食べても、その乳酸菌は長期間、腸内に留まってくれるわけではないようです。

その点、オリゴ糖は消化酵素に分解・吸収されることなく大腸まで届き、 腸内にもともと生息している乳酸菌やビフィズス菌の栄養源となって、善玉菌優勢の腸内環境を作ってくれるのです

オリゴ糖を採る事で長年の便秘を解消することができました

私は天然のオリゴ糖を食べることで、20年来の便秘を解消することができました。

悩みのの種だった黒くて硬いうんちがオリゴ糖によって日増しに、柔らかく、健康的な色のうんちに変わっていく感激を味わうことができたのです!

私が1ヶ月間、オリゴ糖を食べ続けた体験レポートも是非、参考になさって下さい。

⇒⇒⇒ 私の天然オリゴ糖体験談

お腹の健康、理想的な黄色い便の色を目指すなら、オリゴ糖がイチオシです!

⇒⇒⇒管理人のうんちの色や状態を改善したオリゴ糖はこちらです